企業情報

代表挨拶

川口精機社長
代表取締役社長

大澤宏典

20代は学生時代からのバンド活動を継続し、英語のオリジナル曲でアメリカのインディーズレーベルからCD発売、iTunesにも登録されている。それと並行して営業職、工場作業の経験を経て、2003年、同社に3代目の後継者として入社。現場作業を従業員に叩き込んでもらいながら、ものづくりの基本を覚える。2010年から自社製品であるスクリュープレス脱水機の製造販売をスタートさせる。客先現場の最前線で様々な課題を従業員と手を取り合いながらクリアし、評価と実績を得て全国への販売展開を実現。現在は、韓国、タイ、マレーシア、シンガポールへの海外販売展開に注力し、量産アイテムに関してはマレーシアでのOEM製造を計画するなど、日本とアジアを駆け回る日々を送っている。

会社概要

社名  川口精機株式会社

住所  〒424-0037 静岡県静岡市清水区袖師町902番地

TEL  054-365-1993

FAX  054-366-5314

URL  http://kawaguchiseiki.co.jp

E-mail k_osawa@kawaguchiseiki.sub.jp

設立年月日  昭和24年6月20日

資本金  3,000万円

従業員数  30名

売上高  5億円

取引銀行 静清信用金庫 清水支店
     清水銀行 袖師支店
     日本政策金融公庫 静岡支店
     静岡中央銀行 清水支店
     静岡焼津信用金庫 草薙支店

役員   代表取締役社長   大澤宏典
     専務取締役     鈴木敬司
     取締役製造本部長     藤野敏之
     監査役          大澤裕子

沿革

昭和24年  6月 静岡県清水市(現 静岡市)三保において、資本金300万円にて、清水ノッズル株式会社を設立し、
          内燃機関部品の製造、販売を開始

昭和34年 11月 本社及び工場を庵原郡(現 静岡市清水区)袖師町に移転

昭和38年  2月 社名を川口精機株式会社に改称
       7月 油圧機器、金型の製造、販売を開始

昭和39年  7月 資本金を900万円に増資

昭和43年  2月 御前崎産業株式会社と合併し、資本金が1,500万円となる
          事業部制(第一事業部・第二事業部)を敷くプラスチック射出成形機の製造を開始
       
       7月 資本金を3,000万円に増資

昭和52年  2月 本社事務所及び第一事業部工場を増設

昭和57年  1月 日本ボールドウィン社の印刷機周辺機器の製造開始ヘリオス社の脱水機の製造開始

昭和59年 12月 第二事業部の従業員を、川口興産株式会社に転籍

平成 3年 11月 清水市(現 静岡市清水区)袖師町に第二工場を創設

平成 5月  1月 清水市(現 静岡市清水区)袖師町に第三工場を創設
          医療用物質生成器の製造、販売開始

平成14年  3月 オプト社の液晶パネル欠陥検査装置の製造開始

平成18年 11月 一般建設許可(般-18)を受け、機械設置工事業を開始

平成20年  1月 スクリュープレス脱水機 DMシリーズ製造、販売開始

平成30年  4月 工業組合もやし生産者協会に賛助会員にて入会

平成30年  6月 スクリュープレス脱水機 タイ・韓国への販売展開開

アクセスマップ

© 2020 - 2020 川口精機株式会社 All rights reserved.