新着情報

ここは広島県のとある産廃処理業者様のゴミ処理場。社長の後ろに見えるのは

ここは広島県のとある産廃処理業者様のゴミ処理場。社長の後ろに見えるのは廃棄された白菜です。雪崩のように野菜が溢れかえっているのがお分かりになるかと思いますが、これ、ゴミをあえて溜めてる訳でも、産廃業者様が仕事をサボってる訳でもなんでもなく、常にこの状態が解消されないんです。要はゴミが多過ぎて処理が追いついていない。ちなみに1日約20トンの白菜がここに毎日集まってきます。白菜一株が大体1.5kgなので、20トンだと大体13,000個の白菜が捨てられてることになります。それが毎日ここに集まってきます。。。飽食の現代、スーパーやコンビニは便利で美味しい食べのもがひしめき合い、見た目重視の加工品が日に日に増えています。私たちはその恩恵に授かり、それに甘え、それが当たり前と思うようになっていますが、その裏ではこのように大きな問題も生まれていることにそろそろ目を向けなければならないかもしれません。幸運にも我々はそんな気づきを得る機会をいただく仕事をさせてもらっています。世の中のゴミを減らすことは、大変意義のある仕事だと思って、日々全国を駆け回っています。

ここは広島県のとある産廃処理業者様のゴミ処理場。     社長の後ろに見えるのは廃棄された白菜です。 雪崩のように野菜が溢れかえっているのがお分かりになるかと思いますが、これ、ゴミをあえて溜めてる訳でも、産廃業者様が仕事をサボってる訳でもな…

川口精機株式会社さんの投稿 2020年10月29日木曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です